がんの基本情報|転移や再発の可能性を避けるための知識

喫煙者に多いがん

看護師と患者

喫煙者は自分の健康と引き換えにタバコを吸っています。喫煙者がなりやすいがんとして咽頭がんが挙げられます。咽頭とは喉の奥辺りのことで食事をしたり、呼吸したりするときに重要な器官です。咽頭がんは放射線や抗がん剤治療が有効的です。

More Detail

死因が高いがんの王様

医者と看護師

がんの中で最も死因が高いがんといえば、すい臓がんです。すい臓がんは早期発見が難しくて、手術で切除することが出来ても、再発や転移の可能性が非常に高いことが死因の高い原因です。喘息の人はすい臓がんになる可能性が少ないことがわかっています。

More Detail

死亡患者の多い血液のがん

入院

人間の免疫昨日は正常に働いてくれると非常に心強い昨日ですが、異常に増殖してがん細胞に変異する可能性があります。これが悪性リンパ腫です。悪性リンパ腫は白血病を同じ、血液のがんで死亡者数の多いがんです。

More Detail

腫瘍の種類や場所に違い

看護師

がんはとても怖い病気で、医学の発展した日本でもがんで毎年多くの人が亡くなっています。現在日本人の死因の第1位ががんです。なぜならがんは治療しても、再発したり転移したりすることもあり、完治することが難しい病気だからです。ですが、全てが転移し易いわけではありません。腫瘍の種類によっては転移する可能性が高い腫瘍と低い腫瘍があります。リスクの高いがんとその転移先を知っておくことで少しでも再発や転移の可能性を低くしましょう。

最初にがん細胞が発生した場所によってその性質が異なることを覚えてきましょう。そのため腫瘍の種類によっては転移する可能性が高い場合もあるのです。さらに腫瘍の種類によって移動しやすい器官が決まっています。また同じがんでも発生した場所によってもリスクは変わります。例えば、大きな血管にがん細胞が発生した場合やリンパが集まっている臓器の近くの場合は転移のリスクは高くなります。

それでは転移の可能性が高い腫瘍とその移動先を紹介します。肺がんは、肝臓や腎臓、脳、骨に転移する可能性が高く、乳がんは、肺、肝臓、脳などに転移しやすいでしょう。さらに、胃がんは、肺、肝臓、膵臓、腎臓に。悪性黒色腫はリンパ節や骨に転移する可能性が高いでしょう。しかし、逆に転移しにくい腫瘍もあります。子宮頸がんや甲状腺がんは移動することの少ない腫瘍です。
がんが転移するのは、リンパ節や血液の流れに乗って違う臓器にがん細胞が移動することが原因です。そのため、早期に発見することが大事です。