がんの基本情報|転移や再発の可能性を避けるための知識

死因が高いがんの王様

医者と看護師

日本人の死因の第1位はがんです。がんが体中に転移してしまい、治療をすることも出来ずに命を落としてしまう人は多くいます。特にすい臓がんは死亡率の高いがんとして有名です。このがんは非常に早期発見することが難しいがんです。なぜなら初期症状がほとんどなく、本人の自覚なしでがんの進行していくので、発見出来た時には手遅れの状態になっている患者さんが多いことが原因です。また、手術が可能の場合でも再発の可能性や転移のリスクが高いので、早期に発見出来ても5年後の生存率は57%程度となっています。非常に完治が難しい癌なので、すい臓がんは「がんの王様」とも呼ばれています。そして、転移しやすい場所として、肝臓が挙げられます。肝臓は人体の中でも我慢強い早期なので、沈黙の臓器と呼ばれています。すい臓がんと同様に症状が現れにくいので、発見することが遅れるケースが多くあります。そのため、すい臓がんの手術に成功しても、肝臓に転移している可能性があるので、安心する事はできません。がんの治療は、医師と良く相談して、指示にしたがって安静にしていないといけません。

最近の研究結果によると、喘息の人はすい臓がんになる人が少ないことがわかっています。喘息などのアレルギー反応を起こす人は、体内の免疫機能が異常に働くことが原因です。免疫機能が通常の人よりも過剰に働くため、がん細胞を抑制し撃退するのではないかと考えられています。そのため、喘息の人はすい臓がんが発症するリスクが少ないのでしょう。