がんの基本情報|転移や再発の可能性を避けるための知識

喫煙者に多いがん

看護師と患者

最近は喫煙者も病院で治療出来る時代になっています。喫煙することで人間の健康は失われていき、酷い場合はがんになる可能性もあります。喫煙者が多くなるがんといえば、咽頭がんをイメージする人が多いでしょう。咽頭とは喉の奥のあたりのことで、喫煙や飲酒によりダメージを受けることにより、咽頭がんになる可能性は上がるでしょう。

人は食事をする時には、歯で食材を噛み砕き、咽頭を通り胃で消化して腸で栄養素を吸収します。食事をするときは必ず食べ物は咽頭を通らなくてはいけませんので、食べ物を飲み込んだ時に喉の奥につかえたり、飲み込みにくく感じたりする人は咽頭がんの可能性があります。また、首にシコリが出来たり、呼吸がし難かったり、難聴になったりすることもあります。がんによる炎症が起こっている時は、喉が痛くなり、食事をするとしみることがあります。

咽頭がんの一般的な治療法は放射線療法と化学療法、そして外科療法の3つです。咽頭がんを治すためには外科療法が一番ですが、喉は発生したり呼吸をしたりするときに重要な役割をするため、簡単には切除することは出来ません。そのため、まずは放射線療法や化学療法でがんの抑制をして、なるべく切除する部分を少なくすることが現在の一般的な治療法です。がんの中でも咽頭がんは放射線療法と科学療法が効きやすく、初期で小さいがん細胞の場合は、放射線を照射することで死滅する可能性もあります。そのため、喉を切除しなくても完治した患者は多くいます。